ホームページの紹介
http://www5.plala.or.jp/gyumei/
写真や絵手紙など牛鳴HPの玄関先です「牛鳴さんちのたからもん」

石を訪ねてスポンサー広告
> 不動明王の火炎> 石を訪ねて石仏賛歌
> 不動明王の火炎
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
志木富士塚2
富士山が世界遺産になって初めての開山、随分にぎわったようだ。
まだ上まで登ったことはないが五合目までは何回も足を運んだ。
滝沢を登ると途中に女人富士がある。
女人富士とは江戸時代富士山に登れるのは男だけだった。
たがここまでは女でも登れたのである。
当然富士山の頂上を拝めるはずなのだが
今は大木が伸びて何も見えない。
富士山に登りたくても登れない人たちのために富士塚が各地に作られている。
これは志木市にある富士塚にあるものだから不動明王である。
ん、三等身半のお不動様、しかしねぇ
この火炎はどうだ。
光琳だってびっくりするほどの出来じゃなすか。
石ゆえの造形である。
何と素晴らしい光背であることか。
スポンサーサイト
2013.07.03(09:10)|石仏賛歌コメント(0)TOP↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

牛鳴

Author:牛鳴

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。