ホームページの紹介
http://www5.plala.or.jp/gyumei/
写真や絵手紙など牛鳴HPの玄関先です「牛鳴さんちのたからもん」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
逃げて家に向かう子供

見知らぬ客が来て急いで家に逃げる子どもたち
こんな着物を着て居たら急ぐといっても急げないだろう。
俵屋宋達の絵による西行物語絵巻から

スポンサーサイト
2011.04.29(07:38)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
碁

僧侶と碁を打っている子は元服前だろうか。
僧坊の稚児である。
直前までは素読を教えていた。
テキストは巻き物になってるようだ。
長く勉強していると飽きも来る。
息抜きだって必要なのだ。
坊さんだって。
くつろいでいるのだろう袈裟をつけたまま僧綱襟を後ろに倒している。

2011.04.28(08:09)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
嵯峨野の民家
井戸端で母親は洗濯をしている。
足で踏みつけて洗っている。
赤ん坊をおぶっている。
踏みつけるリズムはそのまま子守唄になる。
上の子は何をしているのだろうか。
老婆が選択したはしから干してゆく。
ここにおいて、今とかわりは何もない。

西行物語絵巻は佐藤兵衛尉義清が出家して西行になる物語の絵巻物だがこんな風景が描かれていおもしろい。
2011.04.27(06:47)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
椀状穿痕を訪ねているうちに、それの多くは昔子供の遊びであると肯定せざるを得ないわけだが、それにしても昔の子供は何を考えていたのだろうか。
どんな衣服を着てどんな遊びをしていたのだろうか。
歴史は権力者によって作られる。
庶民や子供のありのままの姿はなかなか歴史の上には現れないのが常だ。
さて、絵巻物というものがある。
目凝らしてみていると生き生きとした昔の子供たちが描かれている。
どんな文章よりも優れた歴史である。

曲杖(毬杖)

西行物語絵巻の中にある。
持っているのはゴルフのクラブではない。
打毬につかう曲杖である。
一重の着物をきて裸足で遊んでいる。
黒い三角の額頭巾をつけているのは男の子だろうか。
もといいで束ねているのが女の子か。
中には縮れっ毛もいる。

打毬に興ずる

今の子供達は学校にゆく。
それはだめ
あれはやってはいけない
と駄目だめづくしになる。
とても鎌倉時代の子供たちとくらべものにならない。
2011.04.26(17:06)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
プロフィール

牛鳴

Author:牛鳴

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。