ホームページの紹介
http://www5.plala.or.jp/gyumei/
写真や絵手紙など牛鳴HPの玄関先です「牛鳴さんちのたからもん」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
shimizusawa.jpg
ずいぶんいろんな所の道祖神を見て回ったがこれほど立派な道祖神は見たことがない。
ちょっとしたお城じゃないか。
山梨県の下津金にある下原という郷のものだ。
灯篭と丸石を伴っている石祠形のものだ。
P1020530.jpg
丸石だって大きなものでほとんどまんまるである。
もともと山の斜面のような場所に造られたもので横からみるとその構造がはっきりする。
大きな石の上に、その石を礎石として生かしてつくったものでかなりの技量が必要になるのではないだろうか。
P1020526.jpg
後ろに回ってみると形の緻密さはもっとよくわかる。
どこまでがどんなパーツなのか、屋根は一石ではなかろうか。
手の込んだつくりである。
P1020525.jpg
背面に天保十三年
寅四月日
氏子建之   と記されているが石工の名前はない。

R0010798.jpg
二重の破風で各部分の彫刻は微にいり細にわたっている。
これに似た彫刻の優れたものは小淵沢の大宮神社にあるがこんなに大きくない。
このあたりでは村中総出で隣近郷よりはでかいものとばかりに気張ったのだろう。
すごいものだ。


≫「下津金下原の道祖神」の全文を読む
スポンサーサイト
2009.12.05(11:20)|穴ぼこだらけの神様たちコメント(0)TOP↑
プロフィール

牛鳴

Author:牛鳴

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。