ホームページの紹介
http://www5.plala.or.jp/gyumei/
写真や絵手紙など牛鳴HPの玄関先です「牛鳴さんちのたからもん」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
国司の見合い

男衾三郎の長女が国司とお見合いをすることになった。
国司はプイと横を向いてしまった。
絵巻はここで切れている・・・
スポンサーサイト
2011.05.28(14:58)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
男衾三郎の家族
男衾三郎の子どもは五人とも妻に似ていた。
遺伝的にも当然だが・・・
そのうち長女と男の子が描かれている。
2011.05.27(09:39)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
平安時代の女性はみんな長い垂髪をしていたわけではない。
それに人の髪は足元に引きずるほど伸びる人はおおくない。
絵巻物の侍女なんかはみんな背中のあたりで束ねていて長さは腰のあたりまでのようだ。
仕事をするのに邪魔になるからごく自然に巻き上げて束ねる方にすすみ、やがて十二単を着なくなると機能的な髷にかわっていったものと思う。
さて、男衾三郎絵詞という絵巻物がある。
男衾三郎の妻は縮れ毛で鼻は天狗のようにながい醜女であった。

男衾三郎の夫妻

2011.05.24(09:14)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
化粧-
ご存知百人一首の絵札に見る長い髪の姫
その時代、どうして髪は裾まで届くほど長くなってしまったのだろうか。
美しい・・・そりゃそうだが暮らしは大変だったのではなかろうか。
寝るときはどうしていたのか、枕屏風にかけて寝たのか、打乱箱に入れて寝たのか。
歩くときは侍女に箱をもたせて歩いたのか。
絵巻物をよく見ると総ての髪を伸ばしていたのではなく鬢だけは肩の下までで切りそろえていた。
下端(さがりば)鬢削ぎという。
それが一層なまめかしくみえる。
2011.05.23(16:48)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
職人の様子-

これは石山寺縁起絵巻の中にある場面、もう男の子は大人の仕事を手伝っている。
喧嘩している時期をすぎれば少しずつ大人の仲間入りとなる。
この時代のこどもに道祖神を叩くようないたずらの余地はなさそうだ。
2011.05.12(09:07)|絵巻物の子供達コメント(0)TOP↑
プロフィール

牛鳴

Author:牛鳴

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。