ホームページの紹介
http://www5.plala.or.jp/gyumei/
写真や絵手紙など牛鳴HPの玄関先です「牛鳴さんちのたからもん」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--:--)|スポンサー広告||TOP↑
DSC_1769.jpg
石仏を一体造るのにどれだけの時間がかかるのだろうか。
まず石を探さなければならない。
どこにでも転がっているわけではない。
かなりの時間が必要だろう。
いや、それ以上に石を運ぶのにいまのようにクレーンやトラックが有るわけじゃないんだから
大変な作業である。
さて彫り始めても鑿は一日で減ってしまう。
毎晩炭で焼いて叩いて焼き入れしなければなるまい。
一人でやるわけじゃないにしても大変な労力である。
守屋貞治が二十歳から造り始めたとしても四十数年、その間に三百三十余体をこしらえたということは驚異的なことである。
しかも、そのすべてが手抜きのない芸術作品である。
まさに脱帽である。
スポンサーサイト
2014.08.24(17:16)|貞治仏コメント(0)TOP↑
DSC_1072高遠建福寺
願王地蔵尊の設置場所である。
なにか違和感がある。
五十円切手に二円を足して
いけねぇ、ハガキじゃなかった
と三拾円分の切手を探してきて貼り付けたよ郵便・・・
もう貼る場所がないよ・・・
そんな置き方じゃないか

貞治佛といえども石仏
やはり野に置け貞治佛・・・
2014.08.17(10:33)|貞治仏コメント(0)TOP↑
私の生家から南西の位置に守屋山がある。
守屋山は諏訪神社の御神体といわれている。
守屋貞治はその山の麓の村、塩供の生まれである。
守屋山を故郷では単に守屋と呼んでいた。
守屋に雲がかかれば雨が降る・・・
杖突峠を越えた先が守屋である。
中学生になると村の子供たちだけで守屋に登りキャンプをした。
守屋貞治を知ったのは
ずっと後のことでつい先だってのことである。
私の義兄は石屋であった。
石仏を作るような石屋ではなく墓石を建てたり石垣を積んだりする石工である。
簡単には動かせない石が相手である。
ひがら一日石を眺めて煙草をふかしている。
気の長い仕事である。
守屋貞治は三百三十余の石仏を作ったことは驚異的な量である。
2014.08.15(08:16)|貞治仏コメント(0)TOP↑
2014.08.15(07:59)|貞治仏コメント(0)TOP↑
8-4-11円明寺son (7)
以前のはなしだが、Yさんが故郷の姫路で同窓会があるため帰省するという話をきき、姫路の近くにある貞治仏を私の分までみてくれるようにお願いしたことがある。
飛んでゆきたいところだが兵庫は遠すぎるからせめて撮ってきた写真でも見せてもらおうというわけである。
貞治仏は故郷に近い信州や甲斐に大半が集中しているのだが、遠いところでは伊勢・周防・播磨・但馬にあることが知られている。
但馬の和田山にある円明寺は地図で見ると姫路から日本海側に少し上ったところである。
曽根原氏の紹介するところでは貞治が円明寺の光隣和尚の要請で延命地蔵尊を彫っていたが仕上げ間近になって顔に石の傷が出てしまった。
途方にくれる貞治に光隣和尚は「そのままでいい」と慰めたのだという。
実は光隣和尚の顔にも同じ所にしみがあったというのである。
せっかく行くのならそれを確かめてみたかったのである。
貞治仏を世に紹介した曽根原氏によると光隣和尚の顔にもしみがあったという証拠に円明寺に伝わる実門の描いた光隣和尚の肖像画を挙げているのだが、氏の本の写真では画像が粗くそのしみは詳細にみえない。
Yさんが住職に聞いたところではその肖像画はどこかにしまったままになっていることと、その顔にしみがあるというような話は伝わっていないそうである。
円明寺には願王禅師と貞治と実門(願王禅師の弟子で絵師)も同行したことがわかり、実門は絵にしみまで描いたことは想像に難くなく、今でもしみ取り地蔵として伝承されている由縁であるとおもうのだが。
2014.08.14(08:03)|貞治仏コメント(0)TOP↑
プロフィール

牛鳴

Author:牛鳴

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。